林・有坂・伊藤法律事務所

事務所のご案内
事務所のご案内

事務所便り

事務所便り

カテゴリー別アーカイブ: 弁護士業務コラム

DNA検査と親子関係の不存在(その2)

投稿日:

前回のコラムでは、妻が婚姻中に妊娠し生まれた子は夫の子と推定されるので(嫡出の推定)、父親がその子との父子関係を否認するためには、原則として、1年の出訴期間の制限がある「嫡出否認の訴え」を起こす必要があり、 出訴期間の制限のない「親子関係不… 続きを読む

目次 :
 |

家事調停委員を終えて~(その4)

投稿日:

何故遺産分割調停には時間がかかるのか? もちろん離婚調停などとの比較の問題です。離婚調停は、離婚を求める側が申し立てるのが通常であり、相手方が離婚する意思を全く示さない場合には、離婚の条件(慰謝料、財産分与、新件、養育費)などを話し合うこと… 続きを読む

目次 :
 |

DNA検査と親子関係の不存在(その1)

投稿日:

今回は,私が少し前に受任した家事事件をベースにお話ししようと思います。  結婚生活を送る夫婦の間に子どもが生まれ,子育てをしながら幸せな家庭を築いているというケースでお考えください。夫は,妻が産んだ子は当然自分の子だと信じていましたが,子ど… 続きを読む

目次 :
 |

家事調停委員を終えて~(その3)

投稿日:

 前回のコラムでは、私は24年間に家事調停委員として101件の調停事件に関わったと述べましたが、どの様な事件だったかを振り返ります。  私は弁護士ですので、常に事件の受任や法律相談をするについて利益相反の有無をチェックする必要があります。利… 続きを読む

目次 :
 |

家事調停委員を終えて~(その2)

投稿日:

家事調停委員を勤めた24年間にどれだけの事件を担当したのかを振り返ってみました。 合計すると僅かに101件しかありませんでした。平均すると年間4件ほどですが、新任当初は常時1,2件の担当でしたし、私は、弁護士会の役員をしていた年は調停委員を… 続きを読む

目次 :
 |

家事調停委員を終えて

投稿日:

 私は、本年3月末日をもって東京家事調停委員(本庁)を退任しました。満70歳での定年退任です。特段、「定年です」と裁判所から言われることなく、次年度の再任がないだけのことですので、自分の中だけで了解していたことです。  退任の半年前である昨… 続きを読む

目次 :
 |

2017年 年頭のご挨拶

投稿日:

林 史雄 弁護士より  事務所は、昨年、新たに1名の若い弁護士を加えて4人体制となりました。アメリカに留学していた伊藤崇弁護士が帰国し、海外留学で得た経験や知識を生かすため、東京弁護士会の公設事務所である「東京パブリック」へ2年任期で出向し… 続きを読む

目次 :
 |

投稿日:

突然ながら、今年の夏より1年間、ニューヨーク大学のUS-Asia Law Instituteという研究機関で、日弁連派遣の研究員として製造物責任法を研究させて頂くことになりました。そのため、本日をもって弁護士業務は一旦休止し、以後はしばらく… 続きを読む

目次 :
 |

怒濤に向かう舟の如し

投稿日:

正月七日も過ぎ、本格的な2014年の始まりとなりました。 長らくブログの更新をサボってしまいましたが、心機一転、今年も宜しくお願い致します。 今年、十数年ぶりにおみくじを引きました。 司法試験の受験時代、人生で初めて大吉を引いたその年の受験… 続きを読む

目次 :
 |

スマートフォン用HPを作成しました。

投稿日:

私の中で長らく宿題になっていたスマートフォン用ホームページが、やっと公開されました。 こちらです。 http://www.navita.co.jp/s/11069890/ 私を含め、パソコンよりもスマートフォンで検索することの方が多いご時世… 続きを読む

目次 :
 |

「実務解説 相続・遺言の手引き」が出版されました。

投稿日:

やや前の話になりますが、私が執筆者の一員として加わった「j実務解説 相続・遺言の手引き」が、日本加除出版株式会社から出版されました。 http://www.kajo.co.jp/book/40261000002.html 専門家向けであり、… 続きを読む

目次 :
 |

「判例にみる相続人と遺産の範囲」が出版されました

投稿日:

先日、私が執筆者の一員として加わった「判例にみる相続人と遺産の範囲」が、新日本法規出版社から出版されました。 http://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_50817.html 専門家向… 続きを読む

目次 :
 |

製造物責任を考える

投稿日:

 昨日、今日と、製造物責任分野で動いていました。 2月22日は消費者安全調査会の傍聴に行ってきました。 昨年10月に発足した事故原因究明機関ですが、予算も人員も限られ、審理も非公開で、これまでの活動がいまいちよく分かりませんでした。それが、… 続きを読む

目次 :
 |

やぶそばの火事

投稿日:

神田やぶそばで火事がありました。 一晩明けても周囲はやや焦げ臭く、パトカーや消防車も止まり、重い雰囲気でした。 当事務所とは場所が近く、業務外での御縁もありましたので、今回の件は、非常に残念です。 外見上、建物全損というわけではないようです… 続きを読む

目次 :
 |

日弁連で新人弁護士向けに債務整理の講義をしてきました

投稿日:

 先日,これから弁護士過疎地等に赴任する新人弁護士向けの,日弁連主宰の研修の講師として,債務整理全般の講義をしてきました。  以前,2011年8月のブログで,同じ研修で個人再生の講師をさせていただいていましたが,今度は,債務整理の全般という… 続きを読む

目次 :
 |

忘年会シーズン

投稿日:

師走といえば忘年会シーズン。 私も、今日、忘年会がありました。 人によっては1年ぶり、人によっては2年ぶりの再会でしたが、その間。 一人は独立して、税理士として独り立ち、 一人は独立系ファイナンシャルプランナーの道を視野に捉え、 一人は保険… 続きを読む

目次 :
 |

FPフォーラムに参加してきました

投稿日:

 先日、秋葉原でFPフォーラムがあり、私も協力員として参加してきました。  そもそもFPフォーラムとはなんぞや、というところですが、これは、ファイナンシャルプランナーのことを知ってもらおうと、日本FP協会が主催となってセミナーや相談会を開く… 続きを読む

目次 :
 |

ラジオ日経に出演してきました。

投稿日:

本日、ラジオ日経の「夕焼けマーケッツ」という番組に出演してきました。 ・・と書くと生放送のようですが、収録はちょっと前に行われ、今日が放送日でした。 テーマは「相続」。 いつも御世話になっている行政書士さん、税理士さん、FPさんと一緒の出演… 続きを読む

目次 :
 |

世田谷区の多重債務相談窓口担当者研修の講義をしてきました

投稿日:

 久しぶりの投稿です。先日,世田谷区で区民から多重債務の相談を受け付ける消費生活センターやこころの健康相談窓口,福祉事務所,納税窓口などの職員向けの研修の講義をしてきました。2年ほど前にも講師をさせていただきましたが,全く違う顔ぶれの方々ば… 続きを読む

目次 :
 |

製品安全セミナー ~ 予見される誤使用

投稿日:

日本規格協会が主催する製品安全セミナーに出席してきました。 各月ごとの連続セミナーで、今回のテーマは「誤使用への対策を講じる」。  メーカー側に製造物責任を追及する際、使用者が製品をどのように扱っていたのかは非常に重要な問題です。  まとも… 続きを読む

目次 :
 |

「相続人不存在・不在者財産管理事件処理マニュアル」出版! 

投稿日:

相続人がいなかったり行方不明であったりという事例は、特殊ケースのように見えて、実はしばしば発生しています。 そのような場合に本人に代わって財産を管理する人のことを「相続財産管理人」「不在者財産管理人」といいますが、この制度について解説した書… 続きを読む

目次 :
 |

宗教まがい被害

投稿日:

消費者法ニュースという雑誌があるのですが、7月31日発行の同雑誌に、私が担当した宗教まがい被害事例についての判例が掲載されています。 (自称)宗教家が、お祓い代や除霊代と称して高額の金員を支払わせた行為について、違法性が認められた事例でした… 続きを読む

目次 :
 |

嬉しかったこと ~ ドリームゲートアドバイザー新人部門第1位 ~

投稿日:

 本が出版されたことのほかにもう一つ、嬉しいことがありました。  私は今年から起業家支援の取り組みを行っており、ベンチャー支援サイト「ドリームゲート」のアドバイザーに登録しているのですが、今回、そのアドバイザーの中で、「新人部門第1位」に選… 続きを読む

目次 :
 |

嬉しかったこと  ~ 「くらしの相続Q&A」出版 ~

投稿日:

 先日、私が編集者となり、税理士・行政書士などの方々と共同執筆した「くらしの相続Q&A ―もめない相続のためにー」が出版されました。  はしがきでも記載させて頂いたところですが、執筆者全員がファイナンシャルプランナー資格者であるこ… 続きを読む

目次 :
 |

被害者参加

投稿日:

最近、業務の中で、被害者側の代理人として刑事事件に関与する機会が増えています。 先月も2件、1件は単なる代理人として、もう1件は被害者参加制度における代理人として、刑事公判手続に関与しました。 被害者参加制度とは、一定の重大犯罪の被害者につ… 続きを読む

目次 :
 |

静岡・下田の公設事務所見学

投稿日:

 先月の話となってしまいましたが,弁護士会の委員会の視察交流会の企画で,これから地方赴任を希望して東京で養成を受けている新人弁護士たちと,静岡・下田の法テラス法律事務所,下田のひまわり基金法律事務所の見学をしてきました。    静岡県には東… 続きを読む

目次 :
 |

進んだ後に本ができる

投稿日:

 先日、仙台でPL法関係の集会があり、出席してきました。  今後必ず引用され続けるであろう、この分野の最高裁判決が昨年言い渡されており、その報告等を兼ねた勉強会でした。  内容紹介は省くとして、この判例、驚くべきは、実質損害額が1万円以下と… 続きを読む

目次 :
 |

春が来た!!

投稿日:

今日、下田支部での裁判があったのですが、道中、河津桜が咲いていました。 早桜を見たのは初めてですが、きれいですね。 正月と同じくらい、心がシャキッとします。 春が来た!! 意図した訳ではなかったのですが、熱海から下田に向かう列車はワイドビュ… 続きを読む

目次 :
 |

本を出しませんか?

投稿日:

 先日、とある出版社から、「本を出しませんか?」という電話がありました。  何だろうと思いながらもお話をお伺ったのですが・・  「御事務所の思いや専門性を書籍でアピールしませんか?」 なるほど。  「書店とつながりがあるので、スペースを確保… 続きを読む

目次 :
 |

消費者問題リレー報告会

投稿日:

 連続投稿になりますが、今週末に行われた消費者問題リレー報告会のお話。  「消費者法ニュース」という消費者問題を扱う弁護士必読の雑誌があるのですが、その発行母体が主体となって、この時期、各分野の消費者問題の動向を報告する報告会が開催されます… 続きを読む

目次 :
 |

事故原因究明機関

投稿日:

 先週末はPL弁護団の新年総会、今週末は消費者問題リレー報告会に出席しました。  そのどちらでも話題に出たものがあります。それが、事故原因究明機関。  製造物にまつわる事故が起きた時に、刑事責任追及のためでもなく民事責任追及のためでもなく、… 続きを読む

目次 :
 |

遺産分割・遺言の法律相談

投稿日:

私が執筆者として参加した「遺産分割・遺言の法律相談」(青林書院)が11月25日に発行されることとなりました。 これは平成6年に発刊された書籍のリメイク版ですが、初版では当事務所の林弁護士が執筆者として加わり、私自身も司法試験受験時代に参照し… 続きを読む

目次 :
 |

弁護士倫理研修

投稿日:

弁護士会では、弁護士に登録した時に倫理研修を受けますが、その後5年、10年、それ以降も10年毎に研修を受けることが義務付けられています。研修を受けないと懲戒処分となることもある厳しい制度です。私は登録30年となり、先日、弁護士会で研修を受け… 続きを読む

目次 :
 |

遺産の分け方によって、税額がここまで変わる!?

投稿日:

表題のテーマの弁護士会主催研修会に参加してきました。 相続分野にあっては税金関係の処理は常に意識するところであり、同種の勉強会はよくあるのですが、相続が発生した後の税金関係に絞っている点が、いかにも弁護士会主催らしいと感じました。 一般に、… 続きを読む

目次 :
 |

成年後見研修会

投稿日:

先日、成年後見制度について弁護士会の研修を受けてきましたが、そこでの質疑応答で興味深いと思ったところを一つ。 被成年後見人が株式を持っていて、値下がりが確実と思われる場合、成年後見人としては、売却しないと任務懈怠となるか、という問題です。 … 続きを読む

目次 :
 |

ふるさと

投稿日:

やや前の話になりますが、8月1日号「広報かしま」に、私の寄稿した震災時の法律問題Q&Aが掲載されました。 http://city.kashima.ibaraki.jp/20kouhou/data/20110801/0801_p07.pdf … 続きを読む

目次 :
 |

個人版私的整理ガイドライン

投稿日:

今日、東日本大震災の被災者の二重ローン問題について、個人版私的整理ガイドラインの運用が開始されました。 法的手続をとらずに債務免除を実現しようという試みであり、目指すところは正しいと思います。 そう思うのですが、破産・個人再生等の法的手続と… 続きを読む

目次 :
 |

個人再生研修の講義をしてきました

投稿日:

先日,これから弁護士過疎地等に赴任する弁護士登録1年目の新人弁護士向けの日弁連定期研修の講師として個人再生(債務整理の大事な手段の1つです。)の講義をしてきました。 昨年,東京の三弁護士会の新人弁護士向けと東京の法律事務所の事務職員向けの個… 続きを読む

目次 :
 |

身分証明書

投稿日:

 昨日、日本弁護士連合会の身分証明書を取りに行ってきました。  6月に今の事務所になったことで、身分証明書の所属事務所欄の記載事項が変わったのですが、その修正を申請してから1ヶ月半で、ようやく新しい身分証明書が届いたという次第です。  弁護… 続きを読む

目次 :
 |

裁判所の節電

投稿日:

 私は、自分が代理人となっている事件(破産事件・家事事件)や家事調停員・破産管財人としての期日出頭のために霞ヶ関にある家裁・簡裁庁舎に毎日のように出かけます。 震災、原発事故以来の節電の励行は、官庁である裁判所ではかなり徹底して実施されて… 続きを読む

目次 :
 |

当事務所弁護士3人をつなぐ糸

投稿日:

5月30日(月)、私は当事務所の有坂弁護士、伊藤弁護士とともに、秋田県能代市で行われた「能代ひまわり法律事務所」の所長弁護士(3代目―4代目)引継式・激励会に参加してきました。能代市は、秋田県の北部、白神山地の南に位置し、海に面した町で、昔… 続きを読む

目次 :
 |

被災地相談に行ってきました

投稿日:

弁護士会からの派遣で、郡山の大きな避難所での法律相談に日帰りで行って来ました。きちんと相談ブースに来ていただいての相談としては、事業者の倒産、東京での生活保護の継続の可否、働いた分の賃金が未払いなど、 法律相談という形をとれる相談もそれなり… 続きを読む

目次 :
 |

弁護士会に思う

投稿日:

とある事件で、相手方代理人と、弁護士会館の会議室で交渉を行いました。 東京の弁護士会館は霞ヶ関にあり、裁判所を背に、日比谷公園を前にそびえ立つ、堂々たる高層ビルです。そのビルの一角に、弁護士であれば誰もが無料で利用できる会議室があり、弁護士… 続きを読む

目次 :
 |

プロフィール

目次 Contents

最新の記事 Latest article

過去の記事 Past article

個人の方のご相談内容
中小企業・不動産貸主の方の
ご相談内容
ご相談ご予約はこちらへ
ご相談日時のネット予約が可能です

【iPhoneご使用の皆様へ】
電話番号を複数回タップすると、「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」という表記がでますが、問題ございません。Safariの仕様によるものなので、そのままタップしておかけいただいて大丈夫です。

ページトップへ

ページトップへ
Copyright c 2014
Hayashi-Arisaka-Ito law office. All Rights Reserved.
閉じる