林・有坂・伊藤法律事務所

事務所のご案内
事務所のご案内

弁護士のご紹介

林 史雄

Fumio Hayashi

林史雄

パートナー弁護士

出 身

昭和22年 千葉県生まれ

学 歴

昭和46年3月 中央大学法学部卒業

職 歴

昭和46年3月 林勝彦法律事務所(事務)
昭和53年 司法試験合格
昭和54年4月 司法修習生(第33期)
実務修習地:東京
昭和56年4月 司法修習終了
弁護士開業(林勝彦法律事務所)
平成11年7月 卯月法律事務所と合流し、
すばる法律事務所と改称
平成23年6月 林・有坂・伊藤法律事務所を設立
主要な活動
東京弁護士会 副会長(平成19年度)、常議員議長(平成27年度)
法律相談センター運営委員会委員長(平成8,9年度)
日本弁護士連合会 公設事務所・法律相談センター委員長(平成15,16年度)
代議員3回
法律扶助協会 本部理事、支部理事、審査委員
司法支援センター
(法テラス)
不服申立審査会・審査副委員長
裁判所関係 東京家庭裁判所・家事調停委員(主に遺産分割調停を担当、平成6年から平成30年3月まで)
東京地方裁判所 破産管財人、個人再生委員
顧問先業種 石油製品販売会社、不動産会社等
日本公認会計士協会 不服審査予備委員(平成28年8月~)
執 筆

「相続・遺言110番」(民事法研究会/1997共著)
「遺産分割・遺言の法律相談」(青林書院/1994共著)

弁護士になったきっかけは?

父が弁護士をしていましたので、子供のころから何となく弁護士になろうと思っていました。意識して弁護士を目指したのは大学生の頃です。父の生活を見ていて感じたのは、弁護士は職人(法律事務の)です。

弁護士生活の中で、思い出深いエピソードを教えて下さい

私が弁護士になってしばらくした頃のこと。ある日、事務所に遠方の某警察署から電話があり、「当署で逮捕した被疑者○○が先生を呼んでいます。何とか来ていただけないか。被疑者は今、病院にいるが命に関わることなので、どうしてもお願いしたい。」とのこと。
被疑者の名前は、以前に東京の裁判所で国選弁護人として弁護をした人のものだった。
弁護士という人種は、「被疑者」とか「命に関わる」などの言葉にはめっぽう弱く教育されているもので、「以前の弁護を覚えていてくれたのか」との思いもあって、ともかく新幹線と地方路線を乗り継いで、雪深い地方都市の駅に降り立つと、パトカーが迎えてくれた。
パトカーに迎えられる覚えはないが、司法修習での試乗以来だなと思っているうちに病院に到着。
説明を受けてみると、「被疑者は何でも飲み込んでしまうのが特技で、今回は針金を飲んで、林弁護士を呼んでくれなければ摘出手術に同意しないと言っている。説得してほしい。」とのことである。
被疑者の出した条件はただ一つ、「私の刑事弁護をしてほしい」である。選択の余地なく彼の弁護人となって、私は、手弁当で彼の私選弁護人となり、詐欺の否認事件弁護のために毎月せっせと地方出張を続けた。
公判が始まったのは雪の中であったが、裁判所近くのお城の桜が咲き、やがて薄紫の桐の花が咲き、猛暑の季節を超えて山の木々が色づく頃に有罪実刑判決が下った。少なくともこの間、彼は異物を飲み込むことはなかった。
彼は控訴しなかった。私の弁護活動は終わった。と信じていたのだが、しばらくして彼から電話を受けた。「実は、また物を飲んで入院中の病院から逃走して、今、神奈川に居る。逃げ切れないので出頭したのだが力になって欲しい」。しかたなく某警察署に電話し、「とてもそちらまでは同行して行く訳にはゆかない。せめて警視庁か東京地検にしてくれ。私が指定場所に同行するまでは決して手を出さないように。」と手配しておき、現在の弁護士会館の建っている場所にあった旧検察庁の庁舎の一室へ同行した。
何年かしてから、「服役を終えた。」と電話をくれたのは何のためだったのでしょうか、その後、彼の消息は知れません。四半世紀も昔の出来事です。私も若かったけれど、のどかな時代でもありました。

趣味はなんですか?

テニス(時々)、登山(年1、2回がせいぜい)、切手収集(チェコ、スロバキア、中国、切手乱発に加え美的センスを失った日本切手は収集中止)

依頼者の方に一言をお願いします

私の信条は、「わからないことは心配するな。杞憂に終わると損をする」です。
その人の性格によりますが、人生に心配事はつきもので、法律に関わりがあるような場合は特に落ち込んだり、慌てたりして右往左往してしますのは心情としてよくわかります。法律は、事実を確認して法の適用を吟味し、結果を出す作業です。間違った事実認識による心配は無用のことですから、まずは事実を正確に調査することが必要です。法的判断は法的知識が必要ですから一般の方がするのは困難で、専門家の力を借りる必要があります。その結果、その事態が法的に危機的な状態で何らかの対応が必要である場合には、本当に心配しなければなりません。弁護士は、事実を調査し法的判断でご相談者の心配に対するアドバイスをいたします。法的対応が必要なときには、委任をいただいて手続をとります。
お腹が痛いとき、医師に、単なる神経性胃炎なのか、投薬が必要な胃潰瘍に罹っているのか、手術が必要な胃癌なのかを検査し診断してもらいます。検査結果に従って医師から治療方法の処方を受けるのと同じことです。あなたの抱えている問題は、心配しているだけでは解決しません。法律相談を受けることが、あなたが心配から解放される近道です。

他の弁護士を見るLawyer

  • 林史雄
  • 有坂秀樹
  • 菊地信吾
  • 久保田誠司

赴任中の弁護士

  • 伊藤崇

お問い合わせはこちら

個人の方のご相談内容
中小企業・不動産貸主の方の
ご相談内容
ご相談ご予約はこちらへ
ご相談日時のネット予約が可能です

【iPhoneご使用の皆様へ】
電話番号を複数回タップすると、「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています。」という表記がでますが、問題ございません。Safariの仕様によるものなので、そのままタップしておかけいただいて大丈夫です。

ページトップへ

ページトップへ
Copyright c 2014
Hayashi-Arisaka-Ito law office. All Rights Reserved.
閉じる