メッセージ

事務所から皆様へ

へ

弁護士のご紹介

林史雄

有坂秀樹

石井美和

菊地信吾

赴任中の弁護士

伊藤崇

林史雄

林 史雄

Fumio Hayashi

パートナー弁護士

出 身

昭和22年 千葉県生まれ

学 歴

昭和46年3月 中央大学法学部卒業

職 歴

昭和46年3月 林勝彦法律事務所(事務)
昭和53年 司法試験合格
昭和54年4月 司法修習生(第33期)
実務修習地:東京
昭和56年4月 司法修習終了
弁護士開業(林勝彦法律事務所)
平成11年7月 卯月法律事務所と合流し、
すばる法律事務所と改称
平成23年6月 林・有坂・伊藤法律事務所を設立
主要な活動
東京弁護士会 副会長(平成19年度)、常議員議長(平成27年度)
法律相談センター運営委員会委員長(平成8,9年度)
日本弁護士連合会 公設事務所・法律相談センター委員長(平成15,16年度)
代議員3回
法律扶助協会 本部理事、支部理事、審査委員
司法支援センター
(法テラス)
不服申立審査会・審査副委員長
裁判所関係 東京家庭裁判所・家事調停委員(主に遺産分割調停を担当、平成6年から現在)
東京地方裁判所 破産管財人、個人再生委員
顧問先業種 石油製品販売会社、不動産会社等
日本公認会計士協会 不服審査予備委員(平成28年8月~)
執 筆

「相続・遺言110番」(民事法研究会/1997共著)
「遺産分割・遺言の法律相談」(青林書院/1994共著)

弁護士になったきっかけは?

父が弁護士をしていましたので、子供のころから何となく弁護士になろうと思っていました。 意識して弁護士を目指したのは大学生の頃です。父の生活を見ていて感じたのは、弁護士は職人(法律事務の)です。

弁護士生活の中で、思い出深いエピソードを教えて下さい

私が弁護士になってしばらくした頃のこと。ある日、事務所に遠方の某警察署から電話があり、「当署で逮捕した被疑者○○が先生を呼んでいます。何とか来ていただけないか。被疑者は今、病院にいるが命に関わることなので、どうしてもお願いしたい。」とのこと。
被疑者の名前は、以前に東京の裁判所で国選弁護人として弁護をした人のものだった。
弁護士という人種は、「被疑者」とか「命に関わる」などの言葉にはめっぽう弱く教育されているもので、「以前の弁護を覚えていてくれたのか」との思いもあって、ともかく新幹線と地方路線を乗り継いで、雪深い地方都市の駅に降り立つと、パトカーが迎えてくれた。
パトカーに迎えられる覚えはないが、司法修習での試乗以来だなと思っているうちに病院に到着。
説明を受けてみると、「被疑者は何でも飲み込んでしまうのが特技で、今回は針金を飲んで、林弁護士を呼んでくれなければ摘出手術に同意しないと言っている。説得してほしい。」とのことである。
被疑者の出した条件はただ一つ、「私の刑事弁護をしてほしい」である。選択の余地なく彼の弁護人となって、私は、手弁当で彼の私選弁護人となり、詐欺の否認事件弁護のために毎月せっせと地方出張を続けた。
公判が始まったのは雪の中であったが、裁判所近くのお城の桜が咲き、やがて薄紫の桐の花が咲き、猛暑の季節を超えて山の木々が色づく頃に有罪実刑判決が下った。少なくともこの間、彼は異物を飲み込むことはなかった。
彼は控訴しなかった。私の弁護活動は終わった。と信じていたのだが、しばらくして彼から電話を受けた。「実は、また物を飲んで入院中の病院から逃走して、今、神奈川に居る。逃げ切れないので出頭したのだが力になって欲しい」。しかたなく某警察署に電話し、「とてもそちらまでは同行して行く訳にはゆかない。せめて警視庁か東京地検にしてくれ。私が指定場所に同行するまでは決して手を出さないように。」と手配しておき、現在の弁護士会館の建っている場所にあった旧検察庁の庁舎の一室へ同行した。
何年かしてから、「服役を終えた。」と電話をくれたのは何のためだったのでしょうか、その後、彼の消息は知れません。四半世紀も昔の出来事です。私も若かったけれど、のどかな時代でもありました。

趣味はなんですか?

テニス(時々)、登山(年1、2回がせいぜい)、切手収集(チェコ、スロバキア、中国、 切手乱発に加え美的センスを失った日本切手は収集中止)

趣味はなんですか?

私の信条は、「わからないことは心配するな。杞憂に終わると損をする」です。
その人の性格によりますが、人生に心配事はつきもので、法律に関わりがあるような場合は特に落ち込んだり、慌てたりして右往左往してしますのは心情としてよくわかります。法律は、事実を確認して法の適用を吟味し、結果を出す作業です。間違った事実認識による心配は無用のことですから、まずは事実を正確に調査することが必要です。法的判断は法的知識が必要ですから一般の方がするのは困難で、専門家の力を借りる必要があります。その結果、その事態が法的に危機的な状態で何らかの対応が必要である場合には、本当に心配しなければなりません。弁護士は、事実を調査し法的判断でご相談者の心配に対するアドバイスをいたします。法的対応が必要なときには、委任をいただいて手続をとります。
 お腹が痛いとき、医師に、単なる神経性胃炎なのか、投薬が必要な胃潰瘍に罹っているのか、手術が必要な胃癌なのかを検査し診断してもらいます。検査結果に従って医師から治療方法の処方を受けるのと同じことです。あなたの抱えている問題は、心配しているだけでは解決しません。法律相談を受けることが、あなたが心配から解放される近道です。

有坂 秀樹

有坂 秀樹

Hideki Arisaka

パートナー弁護士

出 身

昭和48年 東京都

学 歴

平成10年3月 東京大学法学部卒業

職 歴

平成13年 司法試験合格
平成14年4月 司法修習生(第56期)
実務修習地:宇都宮 
平成15年10月 司法修習終了
すばる法律事務所勤務
平成17年4月 能代ひまわり基金法律事務所(秋田県能代市)
平成19年5月 すばる法律事務所に復帰
平成23年6月 林・有坂・伊藤法律事務所を設立
主要な活動
東京弁護士会 法律相談センター運営委員会副委員長(平成20~22年度)
公設事務所運営特別委員会過疎地派遣バックアップ部会長(平成23~26年度)
常議員(平成22年度)
日本弁護士連合会 公設事務所・法律相談センター委員
代議員(平成22年度)
裁判所関係
東京地方裁判所破産管財人、個人再生委員
東京家庭裁判所成年後見人等、後見監督人等、
相続財産管理人等
弁護士会法律
相談センター担当
一般相談、家庭問題相談、消費者問題相談、
クレジット・サラ金相談、労働問題相談、
公益通報相談、外国人相談、犯罪被害者相談、
の担当経験あり
市役所交通事故相談、商工会相談担当経験あり、
公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会カウンセラー
住宅紛争審査会 住宅紛争処理委員、住宅専門家相談担当
東京弁護士会親和全期会マンション法研究会所属
執 筆

「実践 法律相談 面接技法のエッセンス」共著 東京大学出版会
「民事法律扶助活用マニュアル」共著 現代人文社
「弁護士のためのマンショントラブルQ&A」共著 第一法規

有坂 秀樹

弁護士になったきっかけは?

大学で法学部に入っていたこともありますが、専門的な知識を活かして自分の手足を使って、 悩み苦しんでいる人の手助けができる職業は何かと考えたときに、法学部で一番身近にあったのが、弁護士であったのがきっかけです。

弁護士生活の中で、思い出深いエピソードを教えて下さい

逮捕後に選任された財産犯の刑事事件でしたが、本人も事実を認めており被害額が大きく弁償もできそうにないため実刑を覚悟することになりました。
無職で小さいお子さんがいる奥様に生活に不安を感じなくてよいように生活保護をお勧めして、服役生活に備えてもらっていたのですが、何回か逮捕された後、結局証拠が不十分とのことで釈放されることとなりました。 これで事件終了と思いきや、多額の借入れが発覚し奥様とは離婚することとなってしまいました。
釈放された後幸い仕事は見つかったのですが、支払いをしながら生活していくことはできず、結局破産申立てもお受けして生活を立て直すことになりました。
ここでまた終わればそれまででしたが、破産の事件が終わる頃に、奥様と復縁をでき、お子さんともいっしょに暮らせるようになったとの連絡を受けました。
もちろん幸せを再度つかんだことの背後にはご自身の大きな努力があったかと思われますが、依頼者の人生において苦しい局面に寄り添える仕事に改めてやりがいを感じさせられた事件でした。

趣味はなんですか?

ラーメン食べ歩き

趣味はなんですか?

良質な相談、法的サービスを、笑顔で提供し、依頼者の方々に安心感を与える弁護士でありたいと思っております。お気軽にご相談下さい。

石井 美和

Miwa Ishii

パートナー弁護士

学 歴

中央大学法学部卒業
主要な活動
東京弁護士会  子どもの人権と少年法に関する特別委員会委員
自立援助ホーム(児童自立生活援助事業)第三者委員
学校事件・事故被害者全国弁護団所属
執 筆

「事例でみる 親権・監護権をめぐる判断基準(新日本法規出版/2015共著)」

弁護士になったきっかけは?

中学生の頃に法律に興味を持ち、法律の勉強をして専門家になりたいと思ったことです。

弁護士生活の中で、思い出深いエピソードを教えて下さい

様々な問題を抱える子どもの支援活動をする中で、子どもが笑顔を取り戻し、前向きな気持ちになってくれたときは、この仕事をしていて良かったと思いました。

趣味はなんですか?

音楽鑑賞

趣味はなんですか?

依頼者の気持ちに寄り添いながら、最善の結果を出せるように努力していきます。
どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

菊地信吾

菊地 信吾

Shingo Kikuchi

パートナー弁護士

出 身

千葉県松戸市

学 歴

開成高校卒業
東京大学法学部卒業
明治大学法科大学院修了

職務履歴

平成25年3月~平成28年3月
弁護士法人北千住パブリック法律事務所勤務
平成28年4月
林・有坂・伊藤法律事務所にて執務開始
主要な活動
東京弁護士会新進会員活動委員会委員長
東京弁護士会刑事弁護委員会委員
足立法曹会所属

弁護士生活の中で、思い出深いエピソードを教えて下さい

弁護士になって初めて担当した刑事事件です。
依頼者は、単身赴任生活の寂しさをきっかけに万引きをくり返すようになってしまった中年男性でした。 初めて警察署で接見をした際、お会いしたばかりの方の人生を左右するような手続にたずさわるのかと、かつて感じたことのない緊張感を味わった記憶があります。
依頼者ご本人や奥様と話し合って、今後は家族と一緒に暮らしたい、万引きについては、医療の専門家に相談する環境を整えたいということになりました。
方針が決まると、依頼者が仕事や家庭でそれまでの人生をどのように過ごしてきたか、今依頼者が事件とどのように向き合っているか、という点を手続に余すところなく伝えたいと思い、創意工夫をする作業に没頭しました。
勾留請求却下、起訴猶予という成果も得ましたが、事件終了後ご夫妻が笑顔になられたときには、それまでに感じたことのない充実感を味わったことを覚えています。 最初の事件で、弁護士業のやりがいを感じられたことは、とても幸運であったと思います。

趣味はなんですか?

散歩です。路地、土手、坂、階段を歩くのが好きです

趣味はなんですか?

粘り強さが身上です。心と体と頭を使って全人格で問題解決に取り組みます。

赴任中の弁護士

伊藤 崇

伊藤 崇

Takashi Ito

所属事務所 弁護士法人東京パブリック法律事務所
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-34-5 2階
TEL03-5979-2900 FAX03-5979-2898

出 身

昭和54年 茨城県鹿嶋市生まれ

学 歴

平成13年3月 東京大学法学部卒業

職 歴

平成15年10月 司法試験合格
平成16年4月 司法修習生(第58期)
実務修習地:松山
平成17年10月 司法修習終了
すばる法律事務所勤務
平成19年5月 能代ひまわり基金法律事務所(秋田県能代市)
平成21年6月 すばる法律事務所に復帰
平成23年6月 林・有坂・伊藤法律事務所を設立
平成26年7月 ニューヨーク大学 US-Asia Law Institute
客員研究員
平成28年5月 イリノイ州弁護士登録
平成28年10月 弁護士法人 東京パブリック法律事務所に赴任
主要な活動
東京弁護士会 相続遺言部所属
裁判所関係 東京地方裁判所・破産管財人(多数事件を手がける)
板橋法曹会所属
東京PL弁護団所属
日本FP協会東京支部所属
Illinois State Bar Association所属
執 筆

「遺産相続紛争事例データファイル(新日本法規出版/2011共著)」
「遺産分割・遺言の法律相談(青林書院/2011共著)」
「相続人不存在・不在者財産管理人事件処理マニュアル(新日本法規出版/2012共著)」
「判例にみる相続人と遺産の範囲(新日本法規出版/2013共著)」
「実務解説 相続・遺言の手引き(日本加除出版/2013共著)」
「実務マスター遺産相続事件(新日本法規出版/2013共著)」
「相続実務に役立つ戸籍の読み方・調べ方(ビジネス教育出版社/2014共著)」
「くらしの相続Q&A 改訂版(新日本法規出版/2015編著)」
「製造物責任における欠陥の主張立証の実務(民事法研究会/2015単著)」

お問い合わせはこちら

ページトップへ