事務所便り

怒濤に向かう舟の如し

投稿日: 2014/1/7

正月七日も過ぎ、本格的な2014年の始まりとなりました。
長らくブログの更新をサボってしまいましたが、心機一転、今年も宜しくお願い致します。

今年、十数年ぶりにおみくじを引きました。
司法試験の受験時代、人生で初めて大吉を引いたその年の受験に失敗し、相当落ち込んだトラウマがあります。
その年合格しなかったおかげで妻や林弁護士・有坂弁護士と出会えたので、実は本当に大吉だったのでしょうが、当時の辛い気持ちを思い出すのが嫌で、それ以降、おみくじは引かないことにしていました。
それが今年、子どもから「おみくじってなぁに?」と聞かれたのを機に、思い立って引いてみることにしました。

結果、半吉でしたが、それよりも何よりも、冒頭の文章がこれ。
「怒濤に向かう舟の如し」
今年は大変だけど頑張れよ、とハッパをかけられたようで、正月から目が覚める思いでした。

昨年来準備していることがいくつかあり、今年はその一歩を踏み出す年になるはずです。
楽しみと不安が交錯する日々を過ごしておりますが、神様もそんな心境をお見通しということでしょうか。
これから更に十年後、このおみくじを思い出して、確かに怒濤の一年だったけど頑張った、あの時一歩を踏み出してよかった、そう思えるような2014年でありたいと思います。

ちなみに、願い事についてのご宣託は、「困難の後、叶う」でした。
やってやろうじゃないですか。

目次 :
 |

ページトップへ